2006年11月05日

いじめについて

何とか PCの引越しが終わり ほっとしています

以前から 書こうかどうしようか迷っていた事を書いてみたいと思います

いじめについてです・・・・

先月 福岡で中学生が自殺しました・・・・

新聞やTVで大きく報道されたので ご存知の方も多いと思われます

ご両親や その親族の方の事を考えると胸が張り裂けそうです

子供とは残酷なもので 徒党を組んでターゲットを絞り些細な事で徹底的に

一人をいじめてしまいます

助けてあげたくても自分が その標的になるのが怖くてできないのです

私も子供の時、長屋に住んでいるというだけでやられました・・・

いじめは昔からありましたが 今の方が陰湿で執拗な気がします

表面的な豊かさとは裏腹に何か大事なものを失ってしまっているみたいです

子供だけではなく大人までも・・・・

暗い話になってしまいました・・ふらふら

最後に一言だけ言わせて下さい・・・

みんな 頑張って生きていこう・・・・

IMG_0009.JPG IMG_0011.JPG IMG_0009.JPG









posted by イケタン at 18:08| 福岡 | Comment(12) | TrackBack(1) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大です(中1♂・小5♀の親)。

私もどちらかと言うと『られる』側でした。既に小学校の頃に、人は『1対1だと いいヤツなのに、複数になると やなヤツ』になってしまうと言う事を知っていました。

先日、どっかの校長が自殺しました。死んじゃダメです。死んでも罪は償えません。

息子に真顔で言ってみました。『虐められても死じゃダメ。たとえ間違って誰かを殺してしまった時でも、死じゃダメ。そんときゃ、生きて罪を償え』と。

彼にどこまで届いていることやら (-_-;)

でも、『言わないよりは』と言ってみた。
Posted by at 2006年11月06日 12:55
私は虐められた事もあるし虐めた事もあります。ただ、昔は自殺する子とか少なかったんじゃないかと思います。大体、大人の社会で虐めとかあってんのに子供の虐めが無くなる訳がないと思います。まずは大人ですよ、大人がしっかりして手本を見せなきゃ。結局子供は大人の真似をして育って行くんだから、大人もカッコつけんでちゃんとしていかんと。そしてやっぱり親が守ってやらんといかんですね。
Posted by 塩 at 2006年11月06日 21:23
あっ今度暇な時にでもこの事ついて話したいですね。バタークリームのケーキと紅茶で。
Posted by 塩 at 2006年11月06日 21:30
はじめての、書き込みです。塩さんのコメントの
大人の社会で虐めとかあってんのに子供の虐めが無くなる訳がないと思います。まずは大人ですよ、大人がしっかりして手本を見せなきゃ。に同感です。


Posted by こって at 2006年11月06日 21:42
大です。
大人の世界でも虐めはあります。でも、大人で虐められたから自殺するってのは…
最近ウチの嫁も、人間関係からパートを変わりました。

先ず、『死んじゃ いかん』。『自殺する事は悪い事』って事を子供に口をすっぱくして言って行こうと思います。

私の身近には、高校時代に一人(♂。勉強?恋愛?)、就職してから一人(♂。仕事の行き詰まり?)逝きました。
冷静になれたなら『母ちゃん泣くよな』とか思えるけど、ワケが判らなくなってしまっているから自殺が出来るのだと思います。
だから、日頃から、平常心の時に『自殺する事は悪い事』って事を子供に口をすっぱくして言って行こうと思います。

それもこれも、ファミコンの『リセットボタン』が悪いのかも・・・
Posted by at 2006年11月06日 22:46
大さん ブログでは書けなかったのですが この中学生の事件が あったのは

私の住んでいる町で起きました。

私の2人の子供は この中学校を卒業し校長も知っています。

いたたまれません・・・・・

普通の人は ‘何も死ななくても‘・・・・・と

よく言われますが 自殺する方の気持ちは やはり その人しか分からないのかな・・・?

とも思います。

それでも言いたい・・ 自殺はダメだ・・・と・・

塩ちゃん いつもありがとう・・

今度 山に行って ゆっくり話したいですね・・

こってさん コメントありがとうございます

私も そう思うのですが その手本になる大人が
少なくなっているように思えます・・



Posted by イケタン at 2006年11月07日 00:24
はじめに 自殺は 絶対にいけません。
命は 自分だけのものではありません。
一つの命には 父親、母親というふたつの命から生まれてきているのです。と言う事は そのふたつの命は よっつの命から よっつの命はやっつの命から ですから ですからして 自分の命は何百 何千の命が今を生きているひとつの命としてこの世にあるのですよ! 自殺すると言う事は 今まで何百年 何千年と受け継がれた何百 何千もの命を殺してしまう事になるのですよ。
そして 人間80歳まで生きたとします。
それは 何千年 何万年 何百万年 のうちの80年を今生きている自分たちが受け持っているだけで決して自分だけの物ではないのです。
ことわざに 袖すりあうも多生の縁と言うように 多くの命の縁で 今こうして同じ時代に生きているのも何かの縁があってからこそ こうしてイケタンとも語り合えると言うものですよ。わしは いじめる者にその事を言いたい!
Posted by 長老 at 2006年11月09日 19:58

長老様 コメントありがとうございます

繰り返し 何度も何度も読ませて頂きました

感無量です・・・・・・・・

Posted by イケタン at 2006年11月09日 22:52
大です、もうちょっと書かせてください。

ちょっと宗教や哲学じみますが、『この世に居るのは未熟者。修行者』ってヤツです。本当はみんな天国(?)(あの世)にいて、神様だか仏様だか閻魔様だかが、『未熟者!修行して来い』って送り出されたのが、この世にいる人たち。この世の修行を認められた人だけが天国に戻れるというもの。つまり、自ら命を絶つこと自体がナンセンス。わかっちゃいない。

[余談:子殺し]
私には2人の子供が居ますが、『子供は(神様仏様…からの)預かり物』っていうヤツ。天(?)は、私たちに2人の子を預けてくださった。私たちを見込んでなのか、私たちに試練を与える為なのか、私たちを試す為なのかは判らない。私たちはこの子らを精一杯育て上げなければならない。求めてはいけない。ただ注ぐだけ。旨く巣立てば私たちの仕事は終わる。子は天からの預かりもの。子を殺すなんてことは、ありえない。
長文御免。
Posted by at 2006年11月10日 22:00
ぼんのうの話
大晦日に除夜の鐘を108つ 突きますが あれは ぼんのうの数と言われています。
なぜにぼんのうの数が108つかと言いますと 大さんも書かれていますが人間生きている間 この世で修行をしているわけで 四苦八苦して生きているわけで すなわち 四苦(四九)36 八苦(八九)72 これをたすと108になりますね みんな苦労してます。
Posted by 長老 at 2006年11月11日 17:15
大さん ありがとうございます

コメント読ませて頂きまして シェークスピアのリヤ王の有名なセリフを思い出しました・・

 “人は泣きながら生まれてくる”

ほんと 人生は修行の場ですね

わたしゃーー・・まだまだです・・
Posted by イケタン at 2006年11月11日 17:24
長老ーーーっ さすがに 学 がありますね・・

大さんのコメントと重複しますが 私は煩悩の塊なので

日々 苦労しております・・・・

まだまだ 修行が足りません・・
Posted by イケタン at 2006年11月11日 17:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

死んじゃ、いかんです
Excerpt: 子供の自殺が続いています。校長先生の自殺もありました。 死んじゃ、いかんです。自殺は、卑怯です(反論歓迎)。 自殺は、何の解決にもなりません(反論歓迎)。 私は、自殺を考えたことがありません(希..
Weblog: 大ちゃんの、ブログで稼げるか
Tracked: 2006-11-06 23:03

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。